ポイントカードいろいろ

今や日常化しているポイントカード。  買い物に行ったら殆どのお店で利用され、各店舗固定客の確保などに利用されています。  このポイントカードについて、様々な観点から本来どういった目的で使われるものなのか、どういった仕組みが存在していて、  何処で利用されているのもなのかなど、ご紹介したいと思います。 ちなみに。。。 ポイントサービスとは、各種の商品・役務の購入金額あるいは来店回数等に応じて、一定の条件で計算された点数(ポイント)を顧客に与えるサービスである。そのポイントは、(多くの場合)次回以降の商品・役務の購入時などに利用しうる。小売業やサービス業(専門店系チェーンストアや、ホテル、クレジットカードなど)で多く行われている。航空会社でも同様のシステムがあり、マイレージサービスと呼ばれる。昨今は、レジ袋が不要の客にポイントを与える事もある。 典型例としては「1%のポイント付与、1ポイントを1円として利用可能、ただし利用は次回以降」というようなサービスが挙げられる。この例の場合、1万円の商品・役務を購入すると100ポイントが付与され、そのポイントを次回来店時以降100円として利用できる。 ポイントカードを個人に配布した場合、顧客の購買状況などがPOSを通して把握できることから、ポイントカードは小売店側の利益にも繋がる。顧客の購買状況は小売店の商品発注や卸業者の商品開発・企画にも重要な情報源となるため、小売店が卸業者に対して情報を売ることができる。 マイレージサービスは、航空会社間の競争の中で、顧客の囲い込みの手段として発展してきた。 一方で、家電量販店などにおける、販売価格の1割以上を超すようなポイント還元サービスは、実際の所はポイント還元分を本来販売すべき価格に上乗せしているに過ぎず、販売促進の枠を超えて、顧客が自ら費用を負担して囲い込みされているに過ぎないという指摘もある。 そのようなことから顧客は割引率を合理的に計算して判断しているとは限らずポイントをためられたという心理的部分における満足度の向上も重要との見方もある。 一部の量販店では、ポイント還元分をポイントサービスに充当するか、または還元分を値引きして販売するか(その場でキャッシュバックということになる)、客に選択させる場合もあり、ケーズデンキのようにポイント制を導入せず「その場でズバッと現金値引き」をモットーにしている家電量販店もある。 クレジットカードのポイント制度とは?: クレジットカードのポイント制度とはクレジットカードを発行している会社がクレジットカード所有者にクレジットカードを積極的に使って貰うため、クレジットカードを利用した金額に応じて与えてくれるポイント(報酬、ご褒美)のこと。このポイントを貯めるとギフト券や暮らしに役立つ商品と交換してもらうことが出来る。 クレジットカードをこれから作ろうとしている人に、作る理由を聞けばこのポイント目当てという方も多いだろう。 どうすればポイントが貯まるのか? クレジットカードポイントはどうすれば貯めることが出来るのか?その方法は至って簡単。クレジットカードを使って買い物をするだけで良い。 例えば9800円の洋服を買うにしても、現金で購入するのではなくクレジットカードを使って購入するだけで、自動的に利用した金額(9800円)に対してのポイントが付く。逆にどんなにクレジットカードを持っていても、現金で買い物をしてしまっている限りはポイントは付かないので注意が必要。要するにどんな買い物もクレジットカードで買えばポイントがどんどん貯まるのだ。 平均的なポイント還元率は? 平均的なクレジットカードでは、だいたい1万円を使用すると50円分のポイントが付く(還元率0.5%)。わずか0.5%という還元率ではあるが、10万円の買い物をうれば500円分のポイント、累計100万円も買い物をすれば5000円分のポイント還元となるため、あながち馬鹿には出来ない。 毎月支払うような公共料金(電気代やガス代)から、NHKの受信料まで今やクレジットカードで支払うことが出来るため、これらの料金を高いと考えている方は、今すぐクレジットカードにするだけで0.5%程度の割引を受けられると思っても良いだろう。この蓄積が大きな節約になる。 ポイント還元率が高いクレジットカードも: 前述した0.5%というポイント還元率は、あくまで平均的なクレジットカードのポイント還元率である。クレジットカードの中には、どこでどのように買い物をしても1%以上のポイントが貯まるクレジットカードもあれば、特定日にポイント還元率が5%以上になる高還元率クレジットカードも存在する。使い方によっては累計100万円の利用で5万円以上もの節約になることもあるだろう。 ここまでくると馬鹿にするどころか、むしろ節約しないほうがおかしい話になる。現金主義の方はこんな見えないところで実は「損をしている」のだ。 ポイント制度はクレジットカード毎に大きく異なる: 基本的にポイント制度は、クレジットカードの種類の分だけあると考えて欲しい。 あるクレジットカードは、前年度にたくさん使ってくれた方には翌年度にポイント制度で優遇を受けられるサービスを実施しているところもあれば、同一年度でも○○○万円以上使うとポイント制度がグレードアップするものなどもある。 中には、ポイントではなく、値引きという形でそのまま還元してくれるP-oneカード(購入金額が自動的に1%引きになる)のようなクレジットカードもある。ポイントを換金したり商品券に交換したりすることが面倒な方は、最初からこういうカードを選ぶと良いだろう。 カード選びに迷ったら、そのクレジットカードのポイント制度の内容を良く調べて申し込めば良いだろう。これが賢くクレジットカードを選ぶ方法である。 一般的なクレジットカードの還元率は0.5%。こんな割引率じゃ、どんなにクレジットカードを使って節約しようとしても、雀の涙程度しか節約することはできません。 そこで、当サイトが探してきたお勧めのクレジットカードの紹介です。特定のお店で使えば5%引きになるカードや、特定日や特定月に有利なカード、Edyチャージに向いているカードなど、多数紹介しております。お得なクレジットカードは1枚だけでなく、複数枚をうまく使いこなすことがクレジットカードマスターへの道。しっかりと自分に適したカードを見つけてみてください。 お得なクレジットカード紹介 【お勧めする一押しクレジットカード】  楽天カード  楽天市場で2%分のポイントが貯まる楽天カード 申込数ナンバー1  NTTグループカード  NTTグループカードはヤフーで人気ナンバー1カード ネットで人気  SBIカード  SBIカードは海外旅行傷害保険に特色のあるクレジットカード オススメ  オリコカード  アプティiD 普段使い最高クラスのカード オリコカード アプティiD  オリコ Premiu Gold iD  Premium Gold iDは年会費格安&高還元率ゴールドカード  ENEOSカード  エネオスカードはガソリン代節約が出来るクレジットカード  Type Select JCB  タイプセレクトJCBカードはETC利用が2倍お得なJCBカード ETC  ドライバーズプラス  ドライバーズプラスカードならガソリンや高速が最大30%OFF ETC  プレミアムドライバーズカード  プレミアムドライバーズカードはETCカードがお得 ETC  E-NEXCO pass  E-NEXCO passは東日本高速道路発行のクレジットカード ETC  JCB Viaggioカード  JCB Viaggioカードは海外旅行に強いクレジットカード  ステアリングパス  ステアリングパスはETCポイント2倍のリボ払い専用カード 【お勧めクレジットカード】  MUFGゴールドカード  MUFGゴールドカードは格安ゴールドカード 三菱UFJニコス発行  MUFGゴールドプレステージ  MUFGカード ゴールドプレステージ 一般的ゴールドカード  MUFG×AMEX  MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは高ステータス  N-Valueカード  N-Valueカード 年会費格安で海外旅行保険が優秀なクレジットカード  三井住友VISAカード  三井住友VISAカードは日本で一番有名なVISAカード 人気。  三井住友VISAゴールドカード  三井住友VISAゴールドカードは最高レベルのステータス  三井住友VISAヤングゴールドカード  20代のためのヤングゴールドカード  三井住友VISAアミティエカード  女性向けのお得な三井住友VISAカード  セディナカード  セディナカードはポイント優遇が多い年会費無料クレジットカード  セディナカード ゴールド  セディナゴールドカードはポイントが魅力なゴールドカード  AMEXグリーン  アメリカン・エキスプレス・カードは旅行者に最適なクレジットカード  AMEXゴールドカード  アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはアメリカに強いカード  セゾンAMEXカード  《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードは本家より年会費が安い  セゾンAMEXゴールドカード  《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード  セゾンAMEXプラチナカード  《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード  さくらJCBゴールドカード  さくらJCBゴールドカードはJCBゴールドカード+αの利点  楽天プレミアムカード  楽天プレミアムカードはプライオリティパス付き最安カード  KARUWAZAカード  サークルKサンクス利用でJALマイルがザクザク貯まるカード  漢方スタイルクラブカード  漢方スタイルクラブカードは薬日本堂が発行するカード  OMC jiyudaカード  Jiyudaカードは付帯保険充実のリボ払い専用クレジットカード  P-one FLEXYカード  P-one FLEXYはリボ払い専用のP-oneカード  ALBA A'sカード  ゴルファーのクレジットカード ALBA A'sカード  東京電力SWITCHカード  東京電力SWITCHカードは公共料金の支払いカードに  ダイナースクラブカード  ダイナースクラブカードは富裕者向けクレジットカード  ANAダイナースカード  ANAダイナースクラブカードはANAマイルが貯まるカード  NWAダイナースカード  ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード  シティ ゴールドカード  シティ ゴールドカードは世界で使えるゴールドカード  シティ クラシックカード  シティ クラシックカードは世界的に有名なクレジットカード  住信VISAカード  住信VISAカードは住友信託銀行発行のVISAカード  JCBゴールドカード  JCBゴールドカードは高ステータスのゴールドカード  ROUTE2000  ROUTE2000はガソリン代や高速道路料金が最大30%OFFになるカード  シナジーカード  シナジーカードはエッソやモービルでガソリン代割引になるカード  JALカード  JALカードで割り増しマイルを獲得しよう  ANAカード  ANAカードで割り増しマイルや高還元率のマイルを獲得しよう ●選ぶための3大ポイント 1.年会費無料か年会費有料か。 2.特別に欲しい付帯特典がなければ、ポイントカードで十分である。 3.クレジットカードの審査は気にしない。 クレジットカードの魅力は大きいといえるが、紛失してしまうと時には大きな被害にあうこともあるので注意が必要である。現金主義であれば一般的なクレジット機能の付いていないポイントカードを持つのがベストだろう。

ジャムの販売 2075 6/4

Copyright © All rights reserved.ポイントカードいろいろ.